脱初心者!キャンプ用ペグの種類とおすすめの選び方!

スポンサーリンク
キャンプ道具

ペグはテントやタープ等を固定するために必要です。

テントやタープはキャンプの拠点の基本ですよね。

その拠点をしっかり固定するためにペグの選定は実は欠かせないポイントになります。

最近のテントやタープにはペグが付いているものも沢山ありますが、キャンプ場に合ったペグを選ぶことが非常に重要になります。

というのも、キャンプであった失敗談の多くの点として、「風などでペグが外れてテントやタープが飛ばされてしまった」というものがあります。

しかしキャンプ初心者にとって、ペグは後回しにしがちなものですよね。

拠点の足元をしっかり固める意味を込めて、ペグの属性をしっかり把握して、自身のキャンプに合ったペグを選びましょう!

また、自身で購入したペグを使うだけでも、テント等から初心者感が垢抜けたりしますよ!(私の偏見です)

 

今回の記事では、各ペグの種類などについて紹介していきます。

 

アルミペグ

テントを最初に購入した時に、多くのテントについてくるのがこのアルミペグです。

【メリット】

  • 軽い
  • 安い
  • V字、Y字、U字等種類が豊富

【デメリット】

  • 曲がりやすい(壊れやすい)
  • 固い地面に打ち込みにくく、固定しにくい

軽く汎用性もそこそこあるため、初心者にとって一番扱いやすいペグだと思います。

ただし、テントに最初からついている、棒をペグ型にしたようなものは個人的にあまりオススメ出来ません。というのも、その形は地面にしっかり固定しにくいものとなっているからです。(一概には言えませんが)

私自身、キャンプを始めた際に強風でタープが飛ばされてしまったときに使用していたペグでもあるため、それ以降付属のペグは使用していません。

アルミペグであればV字のペグが種類も多く、非常に良いと思います。

V字・Y字ペグは地面との摩擦力もあり、しっかりテント等を固定することが出来ます。

芝生のキャンプ場などでは軽くて固定力もあるV字・Y字のアルミペグがおすすめです。

プラスチックペグ

サンシェード(日よけのテント)に使われるようなペグです。

【メリット】

  • 非常に軽い
  • 安い

【デメリット】

  • 折れやすい
  • 固い地面に打ち込みにくく、固定しにくい

上記のアルミペグをより軽くしたものと認識いただいて大丈夫かと思います。

芝生の地面等でしたら固定することも出来ますが、多くの場合でテント等をしっかり固定するのに最適ではないペグです。

ピクニック等のレジャーで手荷物を軽くしたい場合に、サンシェード等で利用することをオススメします。

しかし、キャンプで利用するようなテント等ではプラスチックペグは不安が残りますので、キャンプで使うペグにはオススメしません。

 

鍛造(たんぞう)ペグ

鍛造によって整形するペグです。

【メリット】

  • 頑丈、壊れにくい
  • 硬い地面でもしっかり打ち込める
  • 長い種類のものも沢山あり、しっかり固定出来る

【デメリット】

  • 重い(持ち運びが不便)
  • 価格が比較的高い
  • 丸形がほとんどで柔らかい地面に対して比較的弱い

ペグを自身で購入するときに、持っていない場合はとりあえず買っていても良いペグです。

個人的には初心者へ先ずオススメするペグの種類です。

汎用性が高く、硬い地面でもしっかり打ち込め、ガシガシ使っても頑丈なペグだからです。

初めていくキャンプ場は

「地面が芝生ではなく、実は石が多い地面だった」

なんてことが実は結構あります。

そんなときに鍛造ペグなら汎用性も高く、広い範囲でカバーすることが出来ます。

 

テントやタープが風に吹かれて飛んでいかないようにしっかり支えてくれる鍛造ペグを推します。(重たさも逆に心強く感じます)

 

 

鍛造ペグは形の種類が豊富でない代わりに、長さの種類が豊富です。

ペグは長ければ長いほど抜けにくくなります。

風がやや強そうな場所なら、約30㎝程度のものをおすすめします。

30㎝程度のペグですが、実物を見ると「え?!でか!オーバースペックでしょ!」となります。

・・・はい、オーバースペックです!!

ですが、大きめのテントやタープを風が強い場所で張るときに、30cmほど頼りになる長さはありません。

タープを一度風で飛ばしてしまった経験以来「風で飛ばない」という圧倒的安心感がキャンプを楽しむ土台になってくれると思っています。

(正直、通常なら20cm程度あれば十分すぎます)

 

まとめ

■個人的におすすめなのは、汎用性が高く、丈夫な鍛造ペグ(~30cm程度まで)です。

■アルミY字ペグ等も地面やキャンプ場に適したペグを選びましょう。

 

最後に

楽しいキャンプですが、安心安全が大前提ですよね。

ペグでテントやタープ等、拠点の足回りをしっかり固定して楽しいキャンプの時間を過ごしましょう!

 

コメント

  1. […] 脱初心者!キャンプ用ペグの種類とおすすめの選び方! […]

  2. […] 脱初心者!キャンプ用ペグの種類とおすすめの選び方! […]

タイトルとURLをコピーしました