CB缶とOD缶の違いとは?キャンプ初心者向けガス缶の種類

スポンサーリンク
初心者向け

キャンプにはバーナーやコンロなどガス缶を利用した道具がたくさんあります。

燃料であるガス缶は、家庭で見るようなものから何だか丸い形状のものまで、なんとなく形が違うものがある、というのはご存じかもしれませんが、実際どのような違い・特徴があるかご存じでしょうか?

本記事ではガス缶の違いや特徴、強み弱みなどを記載していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

ガス缶の種類

ガス缶は大きく2種類「CB缶」と「OD缶」があります。

恐らく一般的に「ガス缶」というと筒状の「CB缶」を想像されるかと思います。

それに対して丸めの形状でアウトドア向けの「OD缶」とあります。

では、さっそくですがこの2種類のガス缶について記載していきます。

 

CB缶

「CB缶」は「シービーカン」と読み、「Cassette Gas Bombe/カセットガスボンベ」の略です。

家でお鍋などでカセットコンロを使用する際に使うガス缶です。

CB缶のメリット

①入手が容易

コンビニやスーパー、ホームセンター、100円均一ショップなど購入できるお店が非常に多いです。その為、キャンプでCB缶を忘れてしまった際やガスが無くなってしまった際にも比較的容易に入手することが出来ます。

 

②値段が安い

100円均一ショップ等では100円程度から購入できるため、安く購入することが出来ます。

 

③家庭で使用している機器がそのまま使える

自宅にあるカセットコンロなどをそのまま外に持って行って使用することで道具にかかる費用を抑えることが可能です。

私がキャンプでおすすめするエアーベッドのメリット・デメリット【キャンプ寝具】

比較的安いキャンプやアウトドアでおすすめのカセットコンロ3選【防災にも】

 

CB缶のデメリット

①火力が比較的強くない

自宅など、屋内での使用を想定されている場合が多いため、CB缶は比較的火力がそこまで強くないです。

風があるときは風防等を別途用意しないと十分な火力にならない場合もあります。

 

②アウトドア用品で対応しているものが比較的少ない

アウトドア用の道具でCB缶に対応しているものは、OD缶に比べて少なくなるため、「あ!この道具いいな!」となった際にCB缶だと対応していない可能性もあります。購入前に対応しているガス缶を必ずチェックしましょう。

 

 

OD缶

「OD缶」は「オーディーカン」と読み、「OutDoor/アウトドア」の略です。

文字通り基本的にアウトドアでの使用を想定しているものになります。

OD缶のメリット

①火力が強い

アウトドア向けに作られているため、火力が強く出るように調整されているものが多いです。

 

②寒冷時に使用できる

缶に入っているガスの種類によって寒冷時の使用に強いものがあります。アウトドア向けに作られたOD缶は比較的寒冷時にも強い種類のものがあります。

 

③OD缶用アウトドア向け道具の種類が豊富

OD缶に対応しているアウトドアで利用する道具の種類が豊富です。

逆に自宅のものを流用出来ませんが、アウトドアらしいグッズを揃えることが出来ます。

 

OD缶のデメリット

①入手方法が限られる

コンビニやスーパーでは売っていないため、アウトドアショップやホームセンター、ネットなどで購入する必要があります。そのため、急な忘れ物等に対応しにくいです。

 

②値段が高い

CB缶が安いもので100円程度から購入出来るのに対して、一般的なOD缶は小さいサイズでも500円程度からの購入になります。

 

CB缶とOD缶、結局なにが違うの?

CB缶とOD缶の違いは使用目的です。その為、上記したような性能の違いなどが出来ます。

  • CB缶 ・・・ 一般家庭用
  • OD缶 ・・・ 屋外用

※一般的な違いのため、CB缶でもアウトドア対応のものももちろんあります。

そのため、缶に入れられているガスの種類も一般家庭向けか屋外用かで種類や配分等が変わります。

 

ガスの種類

ガス缶に詰められているガスに大きく3種類あります。

  1. Propane(プロパン)
  2. Iso butane(イソブタン)
  3. Normal butane(ノルマルブタン)

上記3種類のガスが混合されており、商品によって比率や有無が変えられています。

基本的に上から順番に寒冷時にも強いものになっています。

ガスの種類と特性

【Propane(プロパン)】

沸点は-42.1°Cで3種類のLPGの中で最も低く、-40°Cでも着火が可能です。3種類の中で蒸気圧が最も高いため高出力で燃焼させることができます。反面カートリッジの内圧が非常に高くなるため、混合率には限界があります。

【Iso butane(イソブタン)】

沸点は-11.7°Cでノルマルブタンより低く、-10°Cでも着火が可能です。蒸気圧はノルマルブタンより高いため安定した出力で燃焼し続けることができます。

【Normal butane(ノルマルブタン)】

沸点は-0.5°Cで3種類の中で最も高く、氷点下での正立システムには不向きです。カートリッジ内圧が一番上がりにくいため、3種類の中では最も安全性の高いガスです。

引用:snowpeak

CB缶はプロパンが入ってなかったり、比率が少なかったりするため、寒冷時に使用が困難だったりするため、アウトドア向きにはOD缶が向いていることが多いです。

しかし、冬キャンプでもない限り、CB缶で十分使用出来るのが正直なところです。

なので、春~秋にかけてはOD缶でもCB缶でも好みやコストなどで選んでも問題ないことがほとんどです。

 

ガスの利用の注意点

①テント内など密閉された場所で使用を避ける

密閉された場所でガスを使用することが大変危険です。必ず換気を行いましょう。

 

②ガス缶と使用機器のメーカーを揃える

製品の注意事項に書いていますが、使用機器指定のガス缶を使用するようにしましょう。

JIS規格に適合しているものであれば、使えるか使えないかで言うと、使えます。

普段使用する分においては正直問題ありませんが、何か問題が起こった際にPL保険が適用されない可能性があります。

基本的にはメーカー指定のガス缶を使用するようにしましょう。

指定のもの以外でガスを使用する場合は自己責任になります。

PL保険とは

PL保険とは「製造物責任法(PL法)」に基づく損害賠償責任を負担することで生じる金銭的な損失をカバーしてくれる保険です。

そもそも、製造物責任法(PL法)が対象としている「製造物」とは「製造または加工された動産」と定義されています。
不動産・ 電気等の無形エネルギー、ソフトウエアや運送等のサービスは、この法律の対象外となりますが、これらの品物が原因で起こった事故が、民法上の「不法行為」に該当する場合には、損害賠償責任を問われる可能性がありますので、賠償責任保険への加入そのものは、考えておかなければなりません。また「食品を販売する」という事業を行っている場合、魚や野菜をそのまま販売することは、PL法の対象とはならず、加工食品を販売する場合にこの法律の対象となります。
製造物責任法には「製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合」の、「製造業者等の損害賠償の責任」について述べられたものです。
「欠陥」とは、「通常有すべき安全性を欠く事」であり「設計上の欠陥」「製造上の欠陥 」「表示上の欠陥」などに分類されています。
また「製造業者等」には、製造・加工業者、輸入業者、表示製造業者など含まれます。
注意が必要なのは、そもそも製品を製造した「製造業者等」だけではなく、その製品を販売した販売業者も「共同不法行為者」として、責任を負担しなければならない、ということが多い点です。

 

まとめ

CB缶とOD缶は使用目的が違うため、中に入っているガスの配分や種類が変わるが、春~秋の使用で、通常の使用であればそこまで使用感に差があるわけではない。

 

最後に

CB缶とOD缶の違いは何となくでもわかっていただけましたでしょうか?

これからガス機器を購入する際には本記事を参考にCB缶、OD缶を選んでいただければ幸いです。

 

ちなみに、個人的な感想は、

ガスは気軽に利用できるため、どうしても使用頻度は高くなります。

そのため、気軽に使用出来るCB缶がコスト的にはうれしいです。笑

 

ガス缶を使いこなして快適キャンプを楽しみましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました