BBQ(バーベキュー)は準備が大切!事前にやるべきことと必要品リスト!

スポンサーリンク
BBQ(バーベキュー)

BBQって楽しいですよね。

お肉を食べて、ビールも飲んで、こ洒落たものなんて作っちゃって・・・!

ただ、BBQって実は準備がとっても大切なんです。

「あ!アレ忘れた!」

「BBQは楽しいけど、暑い・・・」

「BBQ後の片付けがグダグダ・・・」

などなど、経験ありませんか?

これらは実は事前の準備やリサーチで解決する問題なんです。

BBQする前に、BBQをやるときに気を付けるポイントや準備するものリストなど、紹介していきますので、是非参考にしてください!

 

BBQ場選びは絶対に大切

先ず、BBQをやるには場所選びが大切です。

車など運転する場合は駐車場の空き状況や、電車の場合は駅からの近さなど、BBQに行くメンバーの交通手段をしっかり確認の上、BBQ場を選びましょう。

また、人気のBBQ場は朝から場所取りが必要な場合もあります。事前に混雑状況なども調べましょう。

また、トイレが十分か、ゴミや炭の処分が可能かも必ずチェックしましょう。

さらに、近くにスーパーがあればよりGOODです!

 

BBQに必要な道具

BBQ場によってはレンタルが出来たりしますが、自身で事前に準備する場合は漏れないように参考にしてください。

  • BBQグリル(網)
  • ライター
  • 着火剤
  • コップ
  • 調理器具(まな板や包丁、キッチンバサミなど)
  • 調味料(塩コショウ・焼き肉のたれなど)
  • トング(肉用・炭用)
  • テーブル
  • イス
  • クーラーボックス
  • ビニール袋・ゴミ袋
  • キッチンペーパー
  • ウエットティッシュ
  • 手袋・耐熱手袋
  • 救急道具セット
  • 食材
  • 飲み物

現地で足りなくなるくらいなら少し多めに持って行くのも手です。

 

あればより良いもの

  • タープ
  • ビニールシート
  • ポップアップテント
  • 火起こし器・火消し壺
  • うちわ・火吹き棒
  • アルミホイル

 

タープがあればどこでも日陰を作ることが出来ます。日差しが強い日でも安心です。

ビニールシートやポップアップテントがあれば荷物が置けたりしますので、便利です。

火起こしとアルミホイルについては別記事を参照ください。

初心者向け!BBQ(バーベキュー)の火起こしの注意点とコツ

面倒くさいBBQ(バーベキュー)掃除のカンタン裏ワザ

 

あればオシャレなもの

  • スキレット
  • ダッチオーブン

オシャレアウトドアを代表する二大オシャレ調理器具です。

おしゃれというだけでなく、料理の幅がかなり広がりますので、おすすめです。

手軽におしゃれなキャンプ料理が作りたいならスキレットを買うべし!

 

食材の準備

事前にカット出来る具材はカットしてBBQ場へもっていきましょう。当日の手間が断然違います。

お肉は購入時に出来るだけカットしているものを選ぶといいでしょう。

また、固まり肉などを購入したり、大きな肉を焼く場合は事前に下ごしらえしておきましょう。

現地でカットしたり下ごしらえをすることになると、思っている以上に手間です。水場もなかなか使えませんし、、、。

また、お肉の量ですが、一般的に一人200~300g程度を目安に考えましょう。

もし、鳥を焼く場合はあらかじめ串打ちしておくと、当日仲間内で盛り上がること間違いなしです!!

 

当日は早めにBBQ場に到着するようにしましょう

BBQは当日の準備も実は大変です。

特に、慣れない火起こしや設営等はかなり時間がかかります。

そのため、設営を手伝ってくれる人を数人集めて、最低でも1時間前には集合して準備をしましょう。

初心者向け!BBQ(バーベキュー)の火起こしの注意点とコツ

 

BBQ後の片付け

BBQ後の片付けは、主にゴミ捨てと炭の処分になります。

(可能であれば洗い物も現地で済ますことが出来ればより良いです)

事前に行くBBQ場のごみ処理の方法と炭処理の方法については絶対にリサーチしておいてください。

事前にリサーチしているのと、していないとのでは後片付けのグダグダが全然違います。

ある意味BBQで一番差が出るポイントです。しっかりイケメンに片付けを済ませましょう。

焚火やBBQの灰・炭の後始末・後処理のやり方

 

もういっそのこと業者を呼ぶ

BBQの準備や片付けまで一括でしてくれる業者がいます。もちろん道具のレンタル付きですし、食材もついてきます。

正直、業者を使うのはかなり楽ですが、時間が決まっていたり、アレンジが効かなかったり等、融通が利かない場合もあります。

最初は業者を使って、少し慣れてきたころに自身で手配するなどしてみてもいいかもしれません。

 

最後に

BBQはとっても楽しいイベントですが、その分準備や片付けに面倒なところもあります。

しかり、しっかり準備していけば当日はかなりスムーズに簡単にコトが運ぶはずです。

事前の準備をしっかり行い、楽しいBBQのひと時をみんなで過ごしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました