焚火やBBQの灰・炭の後始末・後処理のやり方

スポンサーリンク
キャンプノウハウ

焚火やBBQを楽しんだ後に灰や炭が残ってしまった!という時って当然ありますよね。

そんな時にどうやって処理すればいいの?や後処理に付随する注意点などを記載していきます。

是非最後までご覧いただき、参考にしていただければ幸いです。

 

炭や灰の処理について

キャンプ場・BBQ場で処理する

一般的なキャンプ場、BBQ場には炭や灰の後処理場があります。

ドラム缶やレンガで組んだもの等、キャンプ場・BBQ場によってさまざまですが、炭・灰を捨てる指定の場所があり、そこで捨てて帰ることが出来ます。

炭・灰意外のゴミは捨てないようにしましょう。燃えるゴミや缶ビン等のゴミは、キャンプ場・BBQ場のルールに従って処分しましょう。

また、捨てて帰る炭や灰は必ず鎮火してから捨てるようにしましょう。

泊りで夜の焚火やBBQ等なら夜燃やし切ったのを朝処理すればいいですが、デイキャンプや日中のBBQ等の場合は鎮火に時間がかかるので、手を加えて処理をする必要があります。

 

火を消す方法:火消し壺を使用する

火消し壺に炭などを入れて鎮火する方法がおすすめです。

火消し壺というのは、密閉出来る主に金属製の箱です。円柱みたいなゴミ箱やバケツみたいな形のものが多いです。

蓋をして密閉することによって壺の内部から酸素がなくなり、火が消えるというものです。

注意点としては金属でできているため、火消し壺自体がかなり熱くなります。直接手を触れると火傷する可能性がありますので注意してください。

また、直接地面に置くと、高温のため、芝生などを焦がしてしまう可能性があります。

石や岩の上、BBQコンロの上などに置いて鎮火しましょう。

火起こし器と併用タイプのものもあるので、火つけから火消しまで簡単に出来るアイテムとして1個持っておいて損はないと思います。(値段もそんなに高くありません)

 

火を消す方法:バケツなどに水を張り、消火する

水を使って消火します。ただ、水をそのまま炭にかけるのではなく、バケツなどに水を張って、そこに炭を沈めるようにして鎮火しましょう。

そのまま水をかけても、表面は鎮火するかもしれませんが、炭の内部の火が消えず、再度火が着いてしまう可能性があります。しっかり鎮火出来るように、炭を水に沈めましょう。

炭を水に沈める際にはドバっと一気に入れるのではなく、順番にゆっくり入れるようにしましょう。

炭が冷え切るまでしっかり水につけましょう。

ちなみに、炭はしっかり乾かせば再度利用することが出来ます。高級な炭は是非再利用しましょう!(成型炭は再利用が困難ですので注意しましょう)

 

 

火消し壺などで持って帰って処理をする

キャンプ場・BBQ場に灰・炭を処理する場所やルールがない場合、火消し壺などを用いて持って帰りましょう。持って帰る際には必ず鎮火したかどうかをチェックしてから持って帰りましょう。

持って帰った後の処理は各自治体のルールに従って処理をしましょう。

 

キャンプ場・BBQ場にお願いする

指定の炭・灰処理場がないキャンプ場・BBQ場の中には個別相談で処理をしていただける場所もあります。しかし基本的にそのような場合は上記のように持ち帰るようにしましょう。

また、現地でいきなり相談するのではなく、あらかじめキャンプ場やBBQ場に後処理について相談しておきましょう。

 

 

絶対NGな処理方法

キャンプ場・BBQ場のテキトーな場所に捨てる・埋める

炭はほとんど自然に返りません。その為、テキトーな場所に捨てたり埋めたりすると、分解されず、そのままキャンプ場やBBQ場が汚れていきます。

キャンプやBBQに来た際に、前の人のゴミがそのまま残っていると嫌な気持ちになりますよね?

キャンプやBBQは一人だけのものではなく、みんなが使用する場所です。ほかの人も気持ちよく使えるようにマナーやルールは守りましょう。

 

他のゴミと一緒にゴミ袋に入れて捨てる

火事になりますので絶対にやめましょう。

完全に鎮火したものであれば一緒に捨てていいと言われるキャンプ場も中にはありますが、基本的には分別しましょう。

 

最後に

キャンプやBBQでは火を使うのが楽しいイベントでもありますよね。

しかし、炭や木は扱いや後処理を間違えると火事になる危険性があるものです。

しっかり楽しんだ後は後始末も最後まできちんと行って、楽しい思い出を残しましょう!

 

 

 

コメント

  1. […] 焚火やBBQの灰・炭の後始末・後処理のやり方 […]

タイトルとURLをコピーしました