夏のキャンプはUSB扇風機をおすすめします【選ぶポイント・選び方】

α

アイキャッチ画像:Amazon

夏のキャンプってとにかく暑いですよね。

でもそんな暑い中、風が通って行ったときって最高に気持ちいいですよね。

できればずっと風が吹いておいてほしい・・・と思われている方も多いはず。

今回は、そんなあなたにUSB扇風機をおすすめします!という記事です。

 

夏のキャンプを涼しく過ごすためには

 

USB扇風機とは

USB扇風機と言ってもたくさんの種類がありますが、一言で言うと「USB充電が出来る扇風機」です。

今年は特に街中でも手持ちのUSB扇風機がかなりの数見かけるようになりましたが、あれと同じようなものだと認識していただいて大丈夫です。

もし現在手持ちのUSB扇風機をお持ちの方がいれば、それはキャンプ道具です。是非次のキャンプに持って行きましょう!

 

USB扇風機を選ぶポイント

キャンプで使用する上で、個人的に気を付けておきたいポイントを記載していきます。

風量の調整

風量の調整が出来るものが良いです。

風量が「小」「中」「大」くらい切り分けできたら十分かなあと思います。

基本的にキャンプ場では「中」~「大」での利用になると思います。

 

風の強さ

上記風量で言うところの「大」であるMAX風量は調べておいたほうが絶対にいいです。

というのも外で利用する分、そこそこの風量がないと扇風機を付けていてもほとんど何も感じません。

購入前にはレビューなどで確認しておきましょう。

 

首振り

首振り機能はいらない人もいるかもしれませんが、個人的には絶対に欲しいポイントです。

USB扇風機は基本的にテーブルの上に置いて使用しますが、体のずっと一部に風を至近距離から当たり続けることになります。これが意外としんどいです。。。

広範囲である必要は一切ありませんが、多少の首振り機能は欲しいところです。

 

吊り下げやクリップなど

ただ卓上に置けるだけではなく、吊り下げ出来たり、クリップで固定出来るものがあります。テント内に吊り下げたりも出来るので、キャンプ用で購入する場合はいろんなところに設置できるようなUSB扇風機のほうがより良いです。

しかしこれは必須ではありませんので、個人的にはあればラッキー程度で考えています。

 

電池持ち

電池の継続時間は必ずチェックしましょう!

風量を「中」「大」で利用するため、「最大●●時間」ではなく「最小」の時間を見るようにしましょう。

また、意外と持ちませんので、USB扇風機を充電するためのモバイルバッテリーも必要です。

 

最後に

USB扇風機が一つあるだけで、風がない日でも結構快適になります。

価格もキャンプギアの中では比較的に安めのほうですし、とりあえずお試しでひとつ購入してはいかがでしょうか。

また、ひとつあれば通常の卓上扇風機としても利用できるため、普段使いとしても優秀ですよ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました