初心者におすすめ!キャンプでのシュラフ(寝袋)の選び方!

α

アイキャッチ画像:snowpeak

キャンプでは寝床の良し悪しが翌日の疲労にダイレクトに出ます。

そんな大切な寝床のメインを張るのはシュラフ(寝袋)ですよね。

そんな寝床の主役であるシュラフを選ぶ時大切なポイントや、種類、限界温度などの基本スペックなどについて記載してきます。

キャンプでも快適な睡眠をゲットしましょう!

 

シュラフの形

メジャーなシュラフの形は2種類あります。

封筒型

出典:snowpeak

封筒型は文字通り封筒のような形のシュラフです。

頭が出るため、夏などあったかいシーズン向けのものが多いです。

また、商品によっては分離させたり連結させたり、アレンジが効くため、一人使い~ファミリーやカップルなどの複数人利用など幅広いシーンで活躍が出来ます。

 

マミー型

出典:NANGA

マニー型は封筒型と違い、頭まですっぽりと全身を包みこむことが出来ます。

その為、温かさが逃げにくく、冬用のシュラフとしてマミー型は人気です。

封筒型と違い、連結や切り離したりなどのアレンジが効きにくいため、基本的にはソロ用で活躍することになります。

利用シーンは登山用での利用やキャンプツーリング、雪中キャンプなど、個人でアウトドアをとことん楽しむ人に向いているかもしれませんが、もちろん通常のキャンプでもばっちり活躍してくれます。

 

中綿の種類

シュラフの中の素材でシュラフの核となるのが中綿です。

メジャーな中綿の素材には化学繊維とダウン(羽毛)があります。

化学繊維

化学繊維=化繊です。

特徴としては

  • 安い!
  • 収納サイズが大きくコンパクトにならない
  • 手入れが簡単で雑に使える

化繊を一文で言うと「デカいけど圧倒的に安い!」です。

収納サイズはかなり大きく、収納しても「デカっ!」となります。その為、登山やバイクでのキャンプなど道具をコンパクトにしたいときにはあまりおすすめ出来ません。

しかし、値段はダウンに比べてかなり安く、コストを落としたい人や、とりあえず道具をそろえたい人などには価格面で圧倒的に人気です。

また、化繊素材のものは、濡れても性能が落ちにくく、中には洗濯も出来るものがあったりなど、手入れを気にせず使えるため、キャンプでも雑にガンガン使えます。

車で行くときや、とりあえず道具をそろえたい初心者にオススメです。

 

ダウン(羽毛)

ダウンの特徴としては

  • 高級
  • 収納サイズが小さく、コンパクト
  • 濡れに弱く手入れが大変

ダウンも一文で言うと「値段に見合うハイスペック」です。

とにかく化繊に比べて圧倒的に高いです。

しかし、その性能は高さに見合うもので、かなりコンパクトに収納できるうえ、コンパクトさの割に温かさもしっかり確保できます。登山をはじめ、キャンプツーリングやソロキャンプ、冬のキャンプなど、幅広く活躍できる頼もしい寝床の高級品です。

ただ、濡れに弱く、洗濯も気軽に出来ないため、手入れが大変な面があります。

 

温度

出典:モンベル

シュラフにはその商品毎に快適に利用できる温度があります。

温度は一般的なものですので、個人差が多少ありますから、寒がりな方はもう少し暖かい適正温度のものを選ぶなど、自分の体にも相談しましょう。

 

コンフォート温度(快適使用温度)

快適に利用できる温度の目安です。

基本的にこの表記を見てシュラフを検討していいと思います。

冬用のシュラフなどを夏に利用するともちろんコンフォート温度が違いますので、かなり暑く寝にくくなるのでコンフォート温度が低ければいいというわけではありません。注意です。

 

リミット温度(限界使用温度)

寒いですが、一工夫することで乗り切れます。という温度です。

毛布を持参したり、湯たんぽやカイロなどを使用することで寝ることが出来ます。

しかし、大体後悔しますので、シュラフはスペックに余裕があるものを選びましょう。

 

エクストリーム温度

もう寒すぎて使えません。雪山などだと生死に関わる温度です。

通常のキャンプではエクストリーム温度に達することがそうそうないと思いますので、気にすることはあまりありませんが(夏用シュラフで雪中キャンプ行かないでね)、生死に関わる温度です。

危険ですのでこの温度でのシュラフの使用はやめましょう。

 

おすすめのシュラフの選び方

個人個人の使用方法や使用環境によって一概には言えませんが、キャンプ初心者で通常の温度(春~秋)の利用、かつコスパがいいものであれば、化学繊維のものがオススメです。

先ず、封筒型orマミー型は正直どっちでも大丈夫です。

温度に関しては適した季節のものを選びましょう。

で、肝心の素材は化繊orダウンですが、

初心者にはダウンが扱いにくかったり(手入れが大変だったり)、なにより高級のため手が出しにくいという理由で化繊が初心者にはおすすめです。

 

 

その他ワンポイント

実は見落としがちなポイントが身長です。

特に男性で長身の方は適正身長もかならずチェックしてください。

長身の方は海外からの並行輸入品などがオススメです。

 

 

また、逆に女性の人で背が低めの人は、場合によっては子供向けの寝袋で十分な時もあります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

シュラフは現在では安価なものも沢山出ています。

自身の使用目的なども加味して、購入前に本記事を参考に是非ご検討してくださいね。

 

私がキャンプでおすすめするエアーベッドのメリット・デメリット【キャンプ寝具】

 

コメント

  1. […] 初心者におすすめ!キャンプでのシュラフ(寝袋)の選び方! […]

タイトルとURLをコピーしました