ホームセンター箱(通称ホムセン箱)の積載方法【バイクキャンツーの始め方】

スポンサーリンク
初心者向け

秋と言えばキャンプツーリングことキャンツーのハイシーズンですよね。

キャンプにはいろんな道具が必要ですが、バイクにはそんなにモノが積めません・・・

なので、キャンツーのスタートは大体リュックになるわけですね。

で、最初は道具も何もないので、なんとか大きいリュックに入ったりもするわけですが、タープ等買い足していくと、気付けばあれよあれよと荷物が溢れちゃうわけです。

でももうリュックに入らない・・・

そんなあなたに”ホームセンター箱”です。

バイクに積載出来る(しやすい)ような箱もあるのですが、まあまあお値段が主張なさるので、私はホムセン箱に即決しました。

ホームセンターだと、大き目の箱でも1,000~2,000円程度でもあるので、かなりの低コストでグッズを持って行けます。

 

さて、今回はそのホムセン箱の積載方法についてのご案内です。

 

用意するもの

①ホームセンター箱

 

②固定ベルト

画像めっちゃ雑・・・

私は先が2種類で使ってます。理由は特にありません。そうやって売っていたからです。

ちなみに、固定ベルトもホームセンターで買えます。ホームセンター、アウトドアショップ説。

色がダサいな・・・って人は、Amazonとかで黒色とかもあったので、探してみてください。

 

③キャリア

はい、鈴菌ですね。

そんなに大きなキャリアじゃなくても意外と大丈夫ですが、重さには注意です。

 

積載方法

ざっくり言いますと、ホムセン箱を縛り上げて動かなくすれば大丈夫です。笑

キャリアの下から上に乗せたホムセン箱を固定ベルトで締め上げるイメージです。

このように、固定ベルトが左右に動かないような場所を探して

固定していきましょう。

私は縦2本、横2本で縛っていきます。

キャリアの下に固定ベルトを通したら、ホムセン箱をキャリアの上に置きましょう。

前はこんな感じです。

ギリギリまで寄せています。

横から固定ベルトを上げます。

その時、ホムセン箱側に固定出来る、ズレにくい場所を必ず通しましょう。

私の場合は取っ手の部分を使っています。

取っ手を潜らせて反対側も同じように潜らせて固定します。

2本通すとこんな感じ。

次は縦です。

縦も同じように、固定出来るところに2本通します。

イメージこんな感じです。

ホムセン箱を買うときに、どこに固定ベルトを通すか考えて購入したほうがいいですね。

縦横2×2縛るとこんな感じです。

一応完成です!

不安な方は、キャリアとホムセン箱の間に100均で売っている滑り止めマットみたいなものを挟むとかなり安定感が増しますよ。

 

注意点

ホムセン箱は安価で使いやすいですが、しっかり縛らないと大事故につながる可能性があります。

必ず丁寧に縛り、固定するのと、定期的に積載がずれたりしていないか確認するようにしましょう。

 

最後に

ホムセン箱はとにかくバイクキャンツーにはかかせない重要アイテムです。キャンツーの幅も広がります。

安価で始めやすいので、是非ライダーの皆様は一度おためしください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました