テントの二股ポールは自作か購入どっちがおトク?DODフタマタノキワミに決めました

スポンサーリンク
キャンプ道具

(アイキャッチ:AMAZON

ワンポール・ツーポールテントやシェルターの弱点ってなんでしょうか?

そう、ど真ん中に堂々とそびえ立つそのポールです!

ワンポールテントを象徴するそのポールが最大の弱点とは何たる皮肉。

私もGIGI-1(ギギ1)というとあるワンポールシェルターを愛用しているのですが、

どうしても真ん中のポールが気になり、気になりすぎて、

この度二股化を計画しました!

 

で、二股化と言えば、

 

 

そうDODさんのフタマタノキワミが有名ですよね。

お値段約13,000円ほど。

・・・高くないですか?←

ポール2本繋げたら作れるくね?笑

と思ったあなた!私もそう思いました。

なので、自作で作ったほうがいいのか、既製品を購入したほうがいいのか、

私の迷った経緯を書いて行きますので、

迷っている方の参考になれば幸いです。

 

自作二股ツーポール

持っているテントによって必要な長さが違いますので、ご注意ですが、

GIGI-1やヘキサライトでは270~275cmほどの長さが必要です。(適当寸法ですからきちんとはかってくださいね)

自作二股ポールに必要なパーツとしては大きく

  • 二股部分
  • ポール
  • 各所ポールの接続パーツ
  • 二股先端部分
  • エンドのゴムキャップ

が必要です。

 

メジャーなところだと

◆二股部分

◆ポール(90cm)

◆接続パーツ

◆エンドゴムキャップ

◆先端部分

あたりです。

 

これらを参考に計算しますと

  • 二股部分:約1,400円×1=約1,400円
  • 接続パーツ:約350円×6=約2,100円
  • ポール(90cm):約400円×6=約2,400円
  • エンドゴムキャップ:約600円×3=1,800円
  • 先端部分:150円×1=150円

合計:約7,850円

大体8,000円くらいで完成いたします。

安いですね。

じゃあコレでつくりましょう!となる前に、工具を確認してください。

 

◆必要な工具

  • 電動ドリル
  • 六角レンチ

六角は100均でも売っていますが、電動器具を持っていない場合は用意が必要です。

大体3,000円程度で購入できます。

持っていない方はプラス費用で考えると

約11,000円くらいの計算です。

 

まあかなりのどんぶり勘定なので、もう少し安く見積もってみても

約9,000円(工具購入なしで7,000円)くらいではないでしょうか?

もちろん既製品を買うよりは安い!

ですが、

アレ?思ったよりも費用かかる・・・?というのが個人的正直な感想。

 

既成の二股ポール

二股ポールで私が知る中で

コストが安い+使用されているのは

冒頭にも登場しましたが、

DODの「フタマタノキワミ」です。

 

値段は約13,000円くらいです。

 

◆スペック

  • サイズ:約W378.5×D×H3.5cm(最長時)
  • 収納サイズ:約W58×D17×H9cm
  • 重さ:約3.5kg
  • カラー:ブラック

 

メリット・デメリット

自作

◆メリット

  • 安い
  • オリジナルギアというあこがれ
  • 自分好みや自分都合にカスタマイズできる

◆デメリット

  • 面倒くさい
  • 道具の用意と作製時間が必要
  • 工具が必要
  • 保障がない(失敗する可能性がある)

販売品

◆メリット

  • お手軽
  • 通販ですぐ注文できる
  • 保証がある(失敗の不安がない)

◆デメリット

  • 自作より高い
  • 色などの幅が少ない

 

まとめ

いろいろ書きましたが、費用対効果が大きな要因を占めている気がします。

なので、極端な言い方をすると、

  • 差額2,000円~(最大6,000円)
  • 購入+組み立て&保証有無

のどっちを重視しますか?ということになるかな、と思います。

私は、既製品を購入しました。

正直「数千円の差額で失敗したときに不安だし、作れても強風時に自作だと不安・・・」

と思ったので既製品を購入しました。

 

このあたりは最終個人の価値観になると思いますが、検討中の方の参考になれば幸いです。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました