キャンプを始めるなら秋が最高のシーズンな理由と注意点

スポンサーリンク
初心者向け

キャンプって5月~夏のイメージがありますよね。

確かに晴天の下のキャンプってイメージわきますし、絵になります。が、夏のキャンプは暑すぎます。溶けます。

今回は秋のキャンプが最高なので、キャンプを始めるなら秋です!という内容です。

 

気候がちょうどいい

夏はあついし冬は寒い。当たり前ですが、キャンプは外のため、ダイレクトに温度差が出ます。

昼はそこそこの温度で、夜はちょっと冷える秋はキャンプにぴったりです。

なぜかと言うと、夜はすこし冷えるくらいが焚き火を最高のイベントに変えてくれます。正直暑いと焚火する気がしません。いやしますけど、距離は遠いです。

秋は夜も程よく焚火を楽しめる寒さになるため、おすすめです。冬は寒すぎます。

 

虫が少なくなる

蚊を始め、キャンプにつきものなのが虫ですよね。

私自身、虫を不得手としている人です。

なのでキャンプでは蚊取り線香に囲まれて過ごすのですが、秋はそんなに虫が多くないので虫が苦手な人でも最高のシーズンになります。

虫対策の荷物も減りますし一石二鳥・・・?

 

安定した気候

秋は1年でも比較的に天候が安定しています。雨キャンプまあ乙なものかもしれませんが、かなり大変なので、晴れていたほうが絶対に良いです。

たしかに秋初旬は台風が来ますが、そのへんは運命力で回避してください。

 

食欲の秋

旬の食材が多くなる秋はもちろんキャンプでも大活躍です。

きのこ等、秋の食材を使った料理はおいしくなること間違いなしだと思いますし、キャンプのディナー・夜の宴を最高なものにしてくれるでしょう。

 

人が少なくなる

夏は夏休みがありますからね、人がどこでも非常に多いです。

しかし秋になるとファミリー層が減るので、人が少なくなります。

が、最近のキャンプブームもあり、秋でも俄然人が多いところもあります。一概には言えませんので注意してください。

それでも11月くらいになると人も結構少なくなります。

 

注意点:思ったよりも寒くなる。

夜、思っているよりも冷えます。昼が温かくても、夜はそこそこの恰好が出来るように寒さ対策は万全の全力前回で準備していきましょう。

上着はプラス1枚、余裕があればブランケットなどあればうれしいです。

 

注意点:結露対策

気温差で結露がすごいことになります。

朝起きたら大概の外のものはびしょびしょなので、濡れたらダメだったり困るものはテント内に格納しておきましょう。

地面も濡れるので、足回りの対策も忘れないようにしましょう。

 

番外編:焼き芋たのしい

芋がおいしいシーズンですので、キャンプで芋を焼くのが個人的に秋キャンプ感が出てよろしいのではないでしょうか。

 

最後に

秋キャンプ最高!!ってことがうっすらと伝わりましたでしょうか。

もし、キャンプをこれから始められる方は秋キャンプが最高ですので、是非秋にキャンプを初めてみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました