キャンプではどんな靴がおすすめ?重要なのは実は足回り!【春夏編】

スポンサーリンク
キャンプノウハウ

キャンプに行くにあたり、準備するものってなんでしょうか?

テントにタープに寝袋に、ランタンにコンロに焚火台にチェア!などなど!

あとは気温に合わせて服を用意して、んー場合によっては必要かもしれないから長袖も一応持って行くかあ!

・・・皆さん、何かお忘れじゃありませんか?

いや、厳密に言うと出発する直前に気付く人もいるのではないでしょうか?もしくはキャンプ場についてから気付く人もいるのではないでしょうか?

・・・そう、靴です!

出発直前に「あれ?そういえばキャンプってどんな靴がいいの?」となる方や、キャンプ場についてから「あー、この靴選ばなかったらよかったー」という人もいると思います。

今回はそうならないためにも、忘れがちでも実は重要な役割を果たす靴について記載していきます。

是非参考にしてみてください。

 

キャンプ場における靴

靴とは当たり前ですが足を保護してくれるものです。

材質や構造によって快適な温度なども変わってきます。

キャンプは当然アウトドア、外で行うものなので、外気に触れ続けます。また、地面は塗装されたり整備されたりしていない場所も多く、キャンプ場によってはデコボコの地面や石だらけの地面などもあります。

そんな環境下ですので、普段の街中で履く靴と全く同じで大丈夫とはいかない場合もあります。

これから向かうキャンプ場は可能であれば地面の状態も確認しておき、それに合った靴を選ぶとよいでしょう。

 

なぜキャンプでは、街中で履くような靴を安易に選んではいけないのか

誤解を生まないために最初に申し上げますが、街中で履くようなスニーカーなどでも十分対応できるキャンプ場も多いです。そのため、今回の記事では「キャンプに行くために専用の高い靴を絶対に買いなさい!」なんて言うつもりは毛頭ございません。

本記事の結論を申し上げますと、

キャンプ場の地面と環境・天気に適した靴を選びましょう

です。はい、安易です。詳細はこの後書いていきますね。

 

では、なぜ安易に街中で履くような靴を選んではいけないのか?

それは、足元を失敗するとキャンプのすべてが台無しになるからです。(ちょっと強めの表現です)

 

筆者の体験談(失敗談)

まだキャンプを初めて間もない頃、私は某G●の安い革靴もどきをキャンプで使用していました。

その日のキャンプは小雨が降る天候で、初めて行くキャンプ場でした。

サイトは基本的には芝生のサイトなのですが、夏場のためか芝生というか雑草が生い茂っていました。

通常通り設営を終え、オープンタープの下でまったり過ごしていました。

すると、なんだか足元に不快感を覚え、靴を脱いでみると水がしみ込んでいました。そしてそのままあっという間に靴の大部分が濡れてしまったのです。(当然ですよね)

「まあ夏だしその内乾くでしょ、むしろ涼しくなってよかったわ」

なんて呑気に考えていたのを今でも覚えています。

--そしてそのまま夜を迎え

さすがに数時間も足が濡れっぱなしだとかなり不快指数がマックスに近い状態になりました。

しかし、ドライヤーなどの便利道具もないため、乾かすことも、新しい靴に履き替えることも出来ません。

その日は靴を脱いでテント内で引きこもりキャンプになりました。(それはそれで楽しい←)

--翌日

朝になっても靴は乾かず、不快な足元と共に、運転して帰りましたとさ。

おしまいおしまい

 

なんだかうざったい文章になりましたが、数時間も足元が濡れたままで過ごすと、想像している以上に不快度が高いです。また、夜は日中よりすこし冷えますので、濡れた足元は思わぬ冷えをもたらします。冷え性の方はよくわかっていただけると思いますが、足元や手先が冷えると思っている以上に寒く感じますよね。

前置きが長くなりましたが、キャンプでの足元が思っているより重要と認識いただけましたか?

 

じゃあどんな靴履けばいいの?

先にも記載した通り、基本的にはスニーカーで大丈夫です。

が、雨が降ったり、朝方に結露が多い場所は防水の靴を必ず持って行きましょう。

とにかく春~夏は雨も多いため、防水対策の靴は必須です。

 

防水性も高く、コスパ最強なのは長靴

出来るだけ安いコストで最強レベルの防水性を誇るのは、やはり長靴です。

私も長靴、しっかり愛用しています。それも、ホームセンターで買ったやっすいやつです。

正直個人的にはキャンプで使用する防水グッズで長靴が最強だと考えいます。

もし、金銭的に余裕がなかったり、安く済ませたい場合は長靴を用意しましょう。

キャンプ場まで履いて行かず、持って行くので荷物になるとは思いますが、安くて防水性も高くて遠慮せずにガンガン使える長靴は個人的にはオススメです。

 

出来るだけ安くキャンプを始めたい!コスパ高いアイテムたち【2019年現在】

 

晴れた日にはクロックス!

晴れた日にはクロックスを持って行くと良いです。

暑い日はスニーカーでも足元が汗でじめじめしていまします。

クロックスであれば、暑い日でも快適にキャンプをすることが出来ます。

ただ、キャンプ場の地面とは絶対に相談してくださいね。

あと、足元の虫対策をお忘れなく!

夏キャンプでおすすめの虫対策

 

圧倒的機能性、トレッキングシューズ

トレッキングシューズであれば、通気性も防水性も良い設計や素材が使われています。

ただ、高い・・・。

しかし、コストに見合う活躍を見せてくれるはずです!私の友人はトレッキングシューズを買ってから、アウトドアではそれしか履いてこないくらいには汎用性も快適度も高いです。

余裕がある人は是非一足検討してみてはいかがでしょうか?

 

最後に

靴の重要性、お分かりいただけましたか?

おしゃれは足元から!なんて言いますが、キャンプも足元から!と個人的には思います。

しっかり足元を固めれば、どんな天気やどんなキャンプ場でも楽しく快適に動き回れますよ!

 

夏のキャンプを涼しく過ごすためには

 

コメント

  1. […] キャンプではどんな靴がおすすめ?重要なのは実は足回り!【春夏編】 […]

タイトルとURLをコピーしました